脇差  (銘)  丹 後 守 兼 道      江戸時代    摂津国
           

     本造り庵棟、うぶ茎、刃長46.3p.(1尺5寸3分弱)、反り1.6p、元幅3.2p、先巾2.8。
      元重ね6o、先5o、表裏に棒樋の彫刻があります。
      地鉄、板目に木目交じり地沸付く。
      刃紋、小沸出来、直刃焼きだしにスダレ刃、刃中砂流しかかる。
      帽子、丸く、僅かに掃けこころに返る。


 
 
  
 
 


   白鞘付      
 保存刀剣鑑定書付 
   しのぎ刀剣美術館