刀 (銘) 肥後国住赤 松 太 郎 兼 照 作   平成時代   熊本県
       
己亥年三月吉日
   (平成7年) 

     本造り庵棟、うぶ茎、刃長72.4p(2尺3寸8分9厘)、反り1.8p、元幅3.5p、先巾3.1p弱。
      元重ね7o、先5o、身幅広く大切っ先。
      地鉄、小板目。
      刃紋、匂い出来五の目丁字乱れ足入り。
      帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
     
      源清麿の作品を模倣した豪快な作品です

 


 

  
    白鞘付  
    戻る  しのぎ刀剣美術館