刀  (銘)  佐々木源吉国          江戸時代    陸奥国
        

      本造り庵棟、刃長71.8p (2尺3寸6分9厘)、反り1.4p(4分5厘弱)、
      元巾3.2p、先巾2.5p、元重ね5o、先4o、尋常な造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり良く詰む、地沸細かく付く。
      刃紋、匂い出来丁字乱れ、足入り。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。
      







  絹地囲鞘打刀拵え、縁頭赤銅、目貫花図、鉄地枇杷図金象眼鍔(埋忠作)。
  外装白鞘 ハバキ付    柴田光男氏鑑定書付 
   戻る  しのぎ刀剣美術館