脇差 (銘) 陸 奥 守 大 道  (初代)   室町時代  美濃国
           

   鵜首造り庵棟、うぶ茎、刃長39.1p (1尺2寸9分)、反り2.9p(9分)、元巾3.2p、
   先巾2.9p、元重ね6o、先2o、鎬筋の高い造り込みで、表裏腰元に薙刀樋に添樋。
   地鉄、板目に流れ柾目交じりで、常に見る美濃物より綺麗な地鉄です。
   刃紋、表裏の腰刃に互の目を見せ、上部は太直刃。
   帽子、小丸、返りは深く焼き下げる。  
      
   室屋関、大知の孫と云う、初名は「兼道」、正親町天皇より大の字を賜り「大兼道」とも銘す。
   天正初年頃陸奥守を受領、五ヶ伝に通じ各地で鍛刀している。
                  

 





 
 
    白鞘.金色絵時代二重ハバキ付   保存刀剣鑑定書付 押し型
    しのぎ刀剣美術館