(銘)  石堂運寿是一作    江戸時代    因幡国
       安政三年八月日
  

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長69.0p (2尺2寸7分7厘)、反り1.6p(5分3厘)、
      元巾2.8p、先巾2.5p、元重ね8o、先7o。表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目に木目交じり、良く練れる。
      刃紋、互の目丁字乱れ足入り。
       帽子、乱れ込み、先、掃けて返る。  
      茎、うぶ茎。
      七代目是一、長運斎綱俊の次男、徳川家御用鍛冶。
      


  白鞘付   ハバキ付  特別保存刀剣鑑定書付  本間薫山博士鞘書き付 
   戻る  しのぎ刀剣美術館