脇差  (銘)   義 助         室町時代   駿河国
    
本造り庵棟、うぶ茎、刃長46.0p (1尺5寸2分5厘)、反り0.6p(2分)、
      元巾2.8p、先巾2.5p、元重ね5o、先4o。表に剣捲竜、裏に文字の彫刻がある。
       地鉄、小板目に木目交じり、良く練れる。
      刃紋、腰元互の目乱れ、中程が直刃で物打ちに五の目交じり足入り。
       帽子、乱れ込み、先、小丸心に掃けて返る。  
      
      島田義助三代目、大永頃。
            




  白鞘       特別保存刀剣鑑定書  
   しのぎ刀剣美術館