脇差  (銘)  兼 次        室町時代   美濃国
        
 
      本造り庵棟、うぶ茎、刃長39.3p (1尺2寸9分7厘)、反り0.6p(2分)、
      元巾2.8p、先巾2.5p、元重ね5o、先3o。表に爪付きの剣の彫刻がある。
       地鉄、板目に木目交じり、肌立ち白気現れる。
      刃紋、互の目乱れ足入り。
       帽子、先、掃けて返る。  

      兼次の祖先は直江志津だが、室町末期には末関の刀工と合流したようです。
業物





金着せ一重ハバキ




  白鞘   ハバキ付     保存刀剣鑑定書付 
   しのぎ刀剣美術館