刀  (銘)  伊予大掾平貞重      昭和時代   愛媛県西条市
       
 昭和十八年三月日

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長63.1p (2尺0寸8分3厘)、反り1.6p(5分3厘)、
      元巾3.1p、先巾2.5p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目に木目交じり無地風に良く練れる。
      刃紋、丁字乱れ、刃中に長い足入り。
       帽子、浅く乱れ込み、先、小丸に返る。  

      今井竹重氏、明治24年4月生まれ、人間国宝故高橋貞次門人、総裁名誉賞
      文部大臣賞などを受賞、本作は初代の作品です。
            





  白鞘   ハバキ付     しのぎ刀剣美術館保証
   戻る  しのぎ刀剣美術館