刀  (銘)  於相州丹羽七之助秀清作之     江戸時代   相模国
       
慶応三卯年二月日

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長69.6p (2尺2寸9分7厘)、反り0.8p(2分6厘)、
      元巾3.2p、先巾2.7p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目に木目交じり、良く練れる。
      刃紋、匂い締まり心の直刃。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に小丸に返る。  
      
      小田原の刀工で、
津久井五郎門人のち綱広門、萩の山中藩抱え工です。
            





  白鞘        日本刀剣保存協会   保存刀剣鑑定書付 
 戻 る     しのぎ刀剣美術館