脇差  (銘)   武州住玉原広重       江戸時代   武蔵国
       
    
      本造り庵棟、うぶ茎、刃長57.4p (1尺8寸9分4厘)、反り1.2p(4分)、
      元巾2.9p、先巾2.5p、元重ね7o、先5o。
       地鉄、板目に木目交じり、良く練れる。
      刃紋、小沸出来直刃。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。  
      
      下原を下腹と縁起をかつぎ、玉原と直された珍品。
                  

   全体に僅かながら錆び気がありますが出来がよいので研磨すれば素晴らしい作品になります。

  白鞘 銀着せハバキ付   特別貴重刀剣認定書付  
  しのぎ刀剣美術館