脇差  (銘)   青竜軒盛俊造之       江戸時代   長門国
       
  元治二己丑年二月日

      平造り庵棟、うぶ茎、刃長37.4p (1尺2寸3分4厘)、反り0.6p(分3厘)、
      元巾2.9p、先巾2.5p、元重ね7o、先5o。
       地鉄、小板目つみ無地風。
      刃紋、互の目丁字乱れ足入り。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。  
      
      
長運斎綱寿のち固山宗次門人、岩国藩抱え工、初代の作品です。
            


  時代うぶ外装   銀着せ時代ハバキ付     保存刀剣鑑定書付  全身写真   
  しのぎ刀剣美術館