脇差  (金象嵌銘)  兼 重       江戸時代   武蔵国
      
      本胴片手ニテ裁断.山野加右衛門永久.花押

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長51.4p (1尺6寸9分6厘)、反り1.1p(4分弱)、
      元巾2.6p、先巾2.2p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、板目流れて柾目がかり、地沸付く。
      刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃縁に細かい砂流しかかり足入り。
       帽子、のたれ込み、先、小丸に返る。  

      上総介兼重の作品で、虎徹に似ているので無銘にされた物が多いと云う。  業物     










  白鞘付     吉川賢太郎氏の鞘書有り  刀剣保存会鑑定書付   業物  
  しのぎ刀剣美術館