薙刀 (銘) 伯耆守藤原汎隆    江戸時代   越前国
        
越前住
 
  薙刀造り三ツ棟、刃長47.0p、反り2.6p、元身幅2.9p、先幅3.4p、元重7、先重2ミリ。
  地鉄、小板目詰み地沸付く。
  刃紋、小沸出来直刃調子の刃紋に五の目交じり足入り、刃縁砂流しかかる。
  帽子、先、小丸こころに返る。
  茎、うぶ。  
  
  










    近代外装.白鞘付      
    戻る  しのぎ刀剣美術館