脇差 (銘) 勝 家          室町時代   加賀国
        
 
  平造り庵棟、刃長37.8p、反り1.9p、元身幅2.9p、先幅2.5p、
  元重5、先重4ミリ、表裏に棒樋の彫刻がある。
  地鉄、小板目詰み地沸付く。
  刃紋、小沸出来五の目乱れ足入り、刃中砂流しかかる。
  帽子、先、小丸こころに返る。
  茎、うぶ。  
  
  陀羅尼系、加州古刀大鑑130頁所載の物です。





    白鞘付 甲種特別貴重刀剣証付 加州古刀大鑑所載品
    しのぎ刀剣美術館