脇差 (銘) 菊紋 伊賀守藤原金道    江戸時代   山城
            
 日本鍛冶宗匠
 
  本造り庵棟、刃長53.7p (1尺7寸7分2厘)、反り1.3p、元身幅3.0p、
  先幅2.5p、元重5、先重4ミリ、身幅重ね共にこの時代の標準的な造り込み。
  地鉄、小板目つみ地沸付く。
  刃紋、小沸出来五の目乱れ足入り、刃中砂流し掛かる。
  帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
  茎、うぶ茎.山形.筋違ヤスリ、角棟。  
  
  三品系の刀工で、この金道は二代目。








 特別貴重刀剣鑑定書付 
 戻る  しのぎ刀剣美術館