(銘)  賀州住藤原清平     江戸時代   加賀
          
於江戸造之
 
  本造り庵棟、刃長69.4p (2尺2寸9分)、反り1.6p、元身幅2.8p、
  先幅2.4p、元重6、先重5ミリ、身幅重ね共にこの時代の標準的な造り込み。
  地鉄、板目総体に流れて正がかり地沸付く。
  刃紋、小沸出来のたれに五の目乱れ交じり、刃中砂流し掛かる。
  帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
  茎、7センチ程磨上り銘文残る。  
  
  清平は加賀国から相模国に移り、晩年は江戸にも住んでいた。
  没年は不明だが元禄9年の作品に77才と刻銘した作品が残っているので長命であったようである








   裏側の物打ちよりやや下がった所、研磨込みの為の大肌の様子・↑








時代うぶ外装、黒漆塗鞘打刀拵、縁頭赤銅石目地貝尽図金銀象嵌、目貫赤銅海老図、鍔.鉄地真丸型山水善光寺参り図 
 藤代松雄正真鑑定書付        
戻る  しのぎ刀剣美術館