(銘) 五郎長正作          江戸時代   上野国
       
慶応三卯八月日
 
  本造り庵棟、刃長67.2p、反り1.0p、元身幅3.1p、先幅2.6p、元重6、先重5ミリ。
  地鉄、小板目詰み地沸付く。
  刃紋、匂い勝ち丁字乱れ足入り。
  帽子、乱れ込み、先、小丸こころに返る。
  茎、うぶ。  
  
  細川正義門人と云う、のちに正長と改名したと云われています。










    時代外装.付      
    戻る  しのぎ刀剣美術館