脇差  (銘) 関東一宮意富日皇大神宮於宮中当国住弘久作之   武蔵国
         文政八年正月吉日

       平造り庵棟、刃長39.4p 、反り0.5p 、
       元巾3.1、先巾2.8センチ、重ね7、先重6o。
       地鉄、小板目に木目交じり、刃寄り柾気がかる。      
       刃紋、小沸出来直刃、刃中細かい砂流し絡む。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。
       茎、うぶ、切りヤスリ。

       刀身押型    



     保存刀剣鑑定書付      白鞘付
     しのぎ刀剣美術館