刀  (銘) 濃州住牲竜子兼正作之   昭和時代  美濃国
         昭和五十一年建国記念日.応佐藤正和氏

      
      本造り庵棟、刃長71.6p (2尺3寸6分)、反り1.6p 、元巾3.2、先巾2.6センチ
       元重ね7、先重5ミリ、表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸付くも匂い出来、小互の目丁字乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、筋交いヤスリ。
 
       
       俗名は大野正巳、岐阜県関市在住、大正12年生、森田兼重門人。
              
 









   外装.白鞘付  
   戻る  しのぎ刀剣美術館