脇差  (銘) 備前長船住祐直   江戸時代  備前国
         安政十二年二月日


      本造り庵棟、刃長40.3p (1尺3寸3分)、反り0.9p (9分)、元巾2.7、先巾2.3センチ
       元重ね4、先重3ミリ、全体に小振りな造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、匂い出来、直ぐ焼き出しに互の目丁字乱れ、刃中足入る。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
       茎、うぶ、切りヤスリ。
 
      横山源五郎祐直の実子で、父の没後に二代目祐直を襲名しました。刀身押型  









 千鳥透かし鉄鍔、刀匠自ら後から透かしを施した旨を刻銘してある。
 
 保存刀剣鑑定書付  外装.白鞘付
 しのぎ刀剣美術館