短刀 (銘) 備前国住藤原春光   室町時代  備前国
        
永禄四年八月吉日

      平造り三ツ棟、刃長24.0p (7寸9分2厘)、反り−p (0分)、元巾1.9、先巾1.7センチ
       元重ね7、先重5ミリ、全体に小振りな造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸付くも匂い勝ちの大互の目乱れ、皆焼風で刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、先、尖り心に返る。
       茎、うぶ茎尻、勝手下がりヤスリ。
 
     
       十郎左右衛門春光の作品です。
 刀剣押型  










    特別保存刀剣鑑定書付        白鞘付 
    しのぎ刀剣美術館