刀 (銘) 和泉守藤原兼定   江戸時代  岩代国
       慶應四年二月日

      本造り庵棟、刃長67.1p (2尺2寸1分4厘)、反り1.6p (5分)、元巾2.9、先巾2.3センチ
       元重ね6、先重5ミリ、全体に尋常な造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来、直刃浅くのたれる、刃中明るく冴える。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、剣尻、筋交ヤスリ。
 
     
       十一代目、
会津兼定系では最後の名工です。  






拡大図

    保存刀剣鑑定書付        白鞘付
    しのぎ刀剣美術館