短刀 (銘) 兼  定       室町時代  美濃国
         

      平造り庵棟、刃長20.4p (6寸7分3厘)、反り0.1p (3厘弱)、元巾1.8、先巾1.6センチ
       元重ね5、先重3ミリ、全体に小振りの造り込み。
       地鉄、板目に木目交じり、淡く白気映り立ち地沸付く。      
       刃紋、小沸出来、互の目乱れ、飛び焼き交じり皆焼風で刃中明るく冴えて足入り、金線、砂流し働く。
       帽子、先、小丸心に返りは深く焼き下げる。
       茎、うぶ茎尻、檜垣ヤスリ。
 
     
       この兼定は別人ですが、三代目和泉守兼定等に最も近い兼定として知られています。
  







    特別保存刀剣鑑定書付    外装付

    しのぎ刀剣美術館