刀 (銘) 津軽住国俊造之     昭和時代  青森県
       昭和五十一年初春


      本造り庵棟、刃長80.9p (2尺6寸7分)、反り2.4p (8分弱)、元巾3.3、先巾2.5センチ
       元重ね8、先重6ミリ、腰反りの高い太刀姿で踏ん張りがある。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来、太直刃、刃縁に細かい砂流し絡む。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、勝手下がりヤスリ。
 
     
       二唐広、明治39年生れ、弘前住、堀井俊秀、栗原彦三郎門人、無鑑査。
  











    白鞘付    参考.全身写真
    しのぎ刀剣美術館