短刀 (銘) 長 吉  (平安城)        室町時代  山城国
       

      平造り三つ棟、刃長19.4p (6寸4分)、反り−p 元巾1.8、先巾1.6センチ
       元重ね4、先重3ミリ、表に蓮台、梵字、裏に護摩樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来、のたれ刃、表裏が良く揃う。
       帽子、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、船型、栗尻、切りヤスリ。
 
     
       長吉四代目、三条吉則の子、村正に師事、彫刻は小田原相州の鍛冶に習う。








    外装、白鞘付  特別保存刀剣鑑定書付 
    戻る  しのぎ刀剣美術館