刀 (銘) 於頭山満邸内 笠間一貫斎繁継作     昭和時代  東京
       昭和十四年二月日


      本造り庵棟、刃長68.4p (2尺2寸5分7厘)、反り1.9p (6分3厘弱)、元巾3.0、先巾2.5センチ
       元重ね7、先重5ミリ、腰反りの高い太刀姿で踏ん張りがある。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来、互の目乱れ、総体に逆がかる。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎栗尻、化粧筋違ヤスリ。
 
     
       俗名は笠間義一、明治19年4月静岡県生まれ、宮口繁寿、森岡正吉門人、日本刀鍛錬伝習所師範、本作は渋谷常磐松の頭山
       満邸内での作品です。
昭和40年3月千葉県鎌ヶ谷にて80才没。 










    外装.白鞘付 保存刀剣鑑定書付  刀剣研究連合会鑑定書

    しのぎ刀剣美術館