刀 (銘) 武蔵大宮住 松原源英一作   昭和時代  埼玉県
       昭和六三年五月吉日  
  

      本造り庵棟、刃長74.2p (2尺4寸5分弱)、反り1.9p (6分)、元巾3.5、先巾2.8センチ
       元重ね8、先重6ミリ、全体にしっかりとした造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり。      
       刃紋、匂い締まる丁字乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎栗尻、突っ掛け筋交いヤスリ。
 
     
       大正13年5月生、埼玉県大宮市日進町住、柳川直弘門人、四代目直弘を継承して群馬県下仁田
       に道場をかまえて鍛造、現在は児玉町の小島寛(慶雲)氏に直弘の名跡を譲った。
  







   
    白鞘付   戻る  しのぎ刀剣美術館