脇差 (銘) 江州住人佐々木入道源一峯   江戸時代  近江国
        
天和弐歳八月日

      本造り庵棟、刃長55.6p (1尺8寸3分)、反り1.7p (5分6厘)、元巾3.1、先巾2.4センチ
       元重ね7、先重6ミリ、全体にしっかりとした造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来、大互の目乱れ、刃中明るく冴えて足入り、金線、砂流し働く。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、僅か刃区送り、勝手下がりヤスリ。
 
     
       二代目、佐々木善四郎、晩年は江戸赤坂に住む、業物。
  








      新刀大鑑P-22  刀銘総覧P18所載品   業物  
      戻る  しのぎ刀剣美術館