刀 (銘) 越 後 守 包 貞    二代目  江戸時代  摂津国
      

      本造り庵棟、刃長69.6p (2尺2寸9分6厘)、反り2.0p (7分)、元巾2.8、先巾2.3センチ
       元重ね6、先重4ミリ、全体に標準的な造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり一面に斑無く地沸付く。      
       刃紋、小沸出来互の目乱れ、匂い深く刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、僅かに区送り、筋交いヤスリ。
 
     
       美濃国照門一門であったが大阪に出て初代越後守包貞門人とな初銘を輝包といった。
       寛文6年ころ越後守包貞を名乗り、のち延宝7年頃から「坂倉言之進照包」と刻す。 大業物。
  







   
    白鞘付、特別保存刀剣鑑定書 
    戻る  しのぎ刀剣美術館