脇差 (銘) 越後守包貞    初代    江戸時代  万治頃
       

      本造り庵棟、刃長37.4p (1尺2寸3分)、反り0.7p (3分弱)、元巾2.8、先巾2.4センチ
       元重ね6、先重4ミリ、尋常な造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり良く詰む。      
       刃紋、小沸付く、直刃、食い違い刃を交え砂流し絡む。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎尻、折違ヤスリ。
 
     
       本国は大和国、手掻包貞の末裔と云う、越後守を受領、良業物の作者です。
       二代目は越後守包貞を襲名しましたが晩年は「坂倉言之進照包」と刻銘しました。 








   外装.白鞘付    藤代松雄鑑定書付 
   戻る  しのぎ刀剣美術館