短刀 (銘)  兼  氏     後代   室町時代  美濃国
       

     平造り庵棟、刃長29.6p (9寸8分弱)、反り0.6p (2分弱)、元巾2.8、先巾2.6センチ
      元重ね5、先重4ミリ、尋常な造り込みである。
      地鉄、小板目に木目と柾目交じり。      
      刃紋、のたれ乱れ、匂い締まりこころ。
      帽子、地蔵風で先、丸く返る。
      茎、僅か磨上り、檜垣ヤスリ。
 
     
      末関の兼氏で、銘鑑には同名で赤坂、室屋派などがいます。
       









      
   
    本阿弥弥三郎鞘書き、白鞘付   特別貴重刀剣認定書付
    しのぎ刀剣美術館