脇差 (銘)  信  国     後代   室町時代  山城国
       

     平造り庵棟、刃長50.0p (1尺6寸5分)、反り1.6p (5分5厘)、元巾2.8、先巾2.6センチ
      元重5、先重3o、表に独狐付剣に倶利伽藍竜、裏に旗鉾の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目交じり、白気がある。      
      刃紋、直刃調子に小互の目乱れ、刃中砂流しかかる。
      帽子、先、小丸に返る。
      茎、うぶ茎尻、僅か区送り。
 
     
      文明頃の山城国信国の作品です。
       









   
    白鞘付   藤代松雄.優秀作の鑑定書付    時代研磨 
    戻る  しのぎ刀剣美術館