刀 (銘) 肥後守法城寺吉次     江戸時代  薩摩国
      

      本造り庵棟、刃長70.4p (2尺3寸2分3厘)、反り2.4p (8分弱)、元巾3.0、先巾2.5センチ
       元重ね6、先重4ミリ、全体に標準的な造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来太直刃調子の互の目乱れ、刃中明るく冴えて足入り砂流し掛かる。
       帽子、乱れ込み、先、掃けて返る。
       茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
       本国は常陸国、江戸に出て法城寺国正門に学ぶ、寛文頃肥後守を受領、元禄年間に島津家に抱えられ
       鹿児島に移住したが後に江戸に帰る。
 







    白鞘付、特別貴重刀剣認定書
    戻る  しのぎ刀剣美術館