太刀 (銘)  行  光         室町時代  加賀国
       

     本造り庵棟、刃長72.6p、(2尺3寸9分6厘)、反り2.2、(7分3厘)、元巾2.8、先巾2.2センチ
      元重ね6、表に不動尊と棒樋、裏に素剣と棒樋の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目と柾目交じり。      
      刃紋、互の目乱れ、刃中砂流しかかる。
      帽子、乱れ込み、先、掃け心に丸く返る。
      茎、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。
 
     
      行光は加賀国の藤島派を代表する刀工で業物の作者です。本作は文明頃の作品と思われます。 
       













外装はオリジナルの物ではありません。
   
    合わせ外装、白鞘付   特別貴重刀剣認定書付 
    戻る  しのぎ刀剣美術館