脇差 (銘) 賀州住藤原家忠   江戸時代   加賀国
              

    本造り庵棟、刃長55.1p(1尺8寸2分弱)、反り1.3p(4分)、
    元身幅2.7、先巾2.2p、元重ね6,先重4ミリ、尋常な造り込みです。
    地鉄、小板目に地沸付く。      
    刃紋、小沸でき互の目乱れ足入り。
    帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
    茎、うぶ茎、筋違ヤスリ。
 
   加賀国陀羅尼派の刀工で金沢住、業物として知られています。







   
    白鞘付  保存刀剣鑑定書付   
    しのぎ刀剣美術館