脇差 (銘) 水心子正次 花押         江戸時代   武蔵国
        天保九年仲春
              

      平造り庵棟、刃長37.5p (1尺2寸4分)、反り0.6p (2分)、元身幅3.1、先巾2.8センチ
       元重ね6、先重5ミリ、表裏に棒樋を掻き通す。
       地鉄、板目、地沸付いて強く、地景表れる。      
       刃紋、小沸出来互の目丁字乱れ、刃中足入り、金線、砂流し掛かる。
       帽子、乱れて、先、小さく返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋交いヤスリ。
       
       水心子正秀の三代目、上州館林藩工、大慶直胤門人でのちに娘婿となる。
 
                   





    白鞘付    保存刀剣鑑定書付  全身写真
    しのぎ刀剣美術館