短刀 (銘) 源 直 弘 作      平成時代   埼玉県
 
        平成七年六月日

       おそらく造り庵棟、刃長26.9p (8寸8分7厘)、反り0.3p (9厘)、
       表裏に棒樋に添え樋の彫刻があり、身幅重ね共に尋常な造り込み。
       地鉄、小板目に木目交じり。      
       刃紋、小沸付く互の目丁字乱れ、刃中細かな砂流し掛かり足入る。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
 

      本名は松原英一、さいたま市大宮区在住、柳川直弘門人。










    白鞘入り