脇差  (銘) 越後守貞常              江戸時代  越後国
          以南蛮鉄作之

      本造り庵棟、刃長58.6p (1尺9寸3分4厘)、反り1.0p (3分)、元巾2.8、先巾2.4センチ
       元重ね6、先重4ミリ、中切っ先の造り込み。
       地鉄、小板目。      
       刃紋、中直刃、刃中小互の目足入る。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
       茎、僅か茎尻を摘まれている。
 
     








    青貝鞘脇差拵え付、鍔「越前住記内作」在銘  刀剣保存会鑑定書付   
    しのぎ刀剣美術館