短刀 (銘) 肥前国忠次          昭和時代  肥前国
        昭和四十五年八月日

     平造り庵棟、刃長24.7p (8寸1分5厘)、反り−p、元巾2.7、先巾2.3センチ
      元重ね4、先重3ミリ、表に護摩樋と梵字、裏に腰樋の彫刻がある。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来直刃。
      帽子、先、小丸に返る。
      茎、うぶ、切ヤスリ。
 
     
     俗名は中尾三治郎、明治四十三年生、堀井俊秀、桜井正次門人、元海軍受命刀匠、国工院名誉宗匠、一吉の父。
        






    白鞘付               
    しのぎ刀剣美術館