脇差 (銘) 和泉守千手院盛国作     江戸時代   武蔵国
         

    本造り庵棟、刃長53.9p(1尺7寸3分)、反り1.0p(3分5厘)、元身幅3.0、先巾2.5センチ
    元重5.先重4ミリ、尋常な造り込みである。
    地鉄、小板目に木目交じり地沸付いて強く、地景表れる。      
    刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り、金線、砂流し掛かる。
    帽子、あさくのたれ込み、先、やや掃け心に返る。
    茎、うぶ茎、大折違ヤスリ。

    初銘「守正」、濃州赤坂千手院の末裔という、江戸に出て和泉守兼重門人となる。







 
    白鞘付    特別保存刀剣鑑定書
    しのぎ刀剣美術館