刀 (銘) 下総大掾藤原兼正     江戸時代   越前国
   
    本造り庵棟、刃長69.5p、反り1.0p、元巾3.1、先巾2.8センチ、元重ね7、先重5ミリ。
     表裏に棒樋の彫刻を掻き流す。
     地鉄、小板目に木目交じり。      
     刃紋、小沸出来だが匂い口締まり心の大互の目乱れ。
     帽子、乱れ込み。
     茎、うぶ茎尻、刃区送り、折違ヤスリ。
 
    
    兼正の作品はまま見受けられますが、本作は最高傑作と思われる。



   特別貴重刀剣認定書付、白鞘.外装付。 押し型

   しのぎ刀剣美術館