刀 (銘) 宗  国     武州下原         江戸時代   武蔵国
   
    本造り庵棟、刃長60.1p、反り1.1p、身巾重ね共に尋常で、表裏に棒樋に添樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目交じり。      
     刃紋、小沸出来太直刃。
     帽子、直ぐに、先、掃け心に小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

     宗国は武蔵国下原に住む刀工で大村加ト門人、水戸光圀の陣刀を鍛えて宗国の名を賜る。 業物
 
                          






   藤代松雄鑑定書付、白鞘入り。

   しのぎ刀剣美術館