脇差 (銘) 肥前国武蔵大掾藤原忠広    江戸時代  
        寛文三年霜月十三日二ツ胴裁断.山野加右衛門永久花押

    本造り庵棟、刃長46.6p(1尺5寸4分)、反り0.6p(2分)、元巾2.7、先巾2.3センチ
    元重ね5、先重4ミリ、京反りの造り込みである。
    地鉄、小板目に木目交じり地沸一面に斑無く付き鮮やか。      
    刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り明るく冴える。
    帽子、先、やや掃け心に丸く返る。
    茎、うぶ、切ヤスリ。
 
     
   初代忠吉は晩年忠広と刻銘しました、本作は寛永8−9年頃の作品です。









    白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付      
    しのぎ刀剣美術館