脇差 (銘) 洛陽山城守藤原歳長    江戸時代  山城国
        二条於堀川造之

     本造り庵棟、刃長49.0p (1尺6寸1分6厘)、反り1.0p (3分)
      元巾2.9、先巾2.5センチ、元重ね6、先重5ミリ、京反りの造り込みである。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、のたれに互の目交じり、刃中砂流し掛かる。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、うぶ、折違ヤスリ。
 
     
     本国は阿波徳島、長谷部の末裔という、三兄弟で弟には陸奥守、武蔵守がいて
      それぞれ2−3代続きました。









 白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付 
           
 しのぎ刀剣美術館