刀 (銘) 肥後国住赤松太郎直幸兼嗣合作  平成時代  熊本県
       平成五年五月日

     本造り庵棟、刃長73.9p、反り1.6p、元身巾3.5、先巾3.2p、
      元重6、先重4o、大切っ先で豪壮な造り込み。
      表に旗鉾、裏に爪付き護摩樋の彫刻がある。
      地鉄、小板目に木目交じり。      
      刃紋、大互の目、刃縁締まりこころ。
      帽子、乱れ込み返る。
      茎、うぶ、突っ掛け筋違ヤスリ。
 
     
     兼嗣の俗名は木村兼定、昭和26年5月生まれ、木村兼重の子、八代市二見住、熊本伝統工芸認定。
      直幸は俗名を木村正男、春日市ちくし台住。 
刀身押型








    白鞘付              
    しのぎ刀剣美術館