刀 (銘) 勝  利         室町時代  加賀国
   
     本造り庵棟、刃長70.29p、反り2.4p、元巾2.9、先巾2.4センチ、元重ね6、先重4ミリ。
      地鉄、小板目に木目交じり、総体に鉄色は黒味がかる。      
      刃紋、尖り刃交じり小互の目乱れ足入り。
      帽子、乱れ込み、先、掃け心に丸く返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
     加賀国橋爪派の刀工で、戦に「勝利」する..と、当時の武士の間では評判の良い刀工であったと云います。
           







蛭巻鞘時代打刀拵、渕頭赤銅魚子地老松図金象眼、目貫赤銅地老松図金象眼、鍔四分一磨き地老松に亀図。
 
    打刀拵え付    保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館