槍 (銘) 河内守国助   初代     江戸時代  摂津国
   
     笹穂造り、刃長15.0p、身巾2.2p、ケラ首の重ねは約1p、裏に棒樋の彫刻がある。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、浅くのたれる刃縁に細かい砂流し掛かる。
      帽子、先、掃け心に返る。
      茎、うぶ、化粧折違ヤスリ。
 
     
     国助は堀川国広門人。








時代の外装で石突きがガタついています。

    外装.新調の白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書付            
    しのぎ刀剣美術館