脇差 (銘) 川部儀八郎正秀  刻印   江戸時代  武蔵国
        正宗作大進坊祐慶彫図 寛政十一年八月日

     本造り庵棟、刃長56.3p、反り1.1p、元巾2.9、先巾2.6センチ
      元重ね6、先重5ミリ、京反りの造り込み、表に額彫りの竜、裏に独狐付剣の彫刻がある。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、大互の目飛び焼き交じり、刃中に金線砂流し掛かるり。
      帽子、先、掃けて返る。
      茎、うぶ、化粧折違ヤスリ。
 
     
     水心子正秀の正宗写しの傑作で、彫刻も祐慶彫りを再現しています。
      大進坊祐慶は新藤五国光の三男で行光の兄であり彫刻の名手として知られています。









    時代の白鞘付   保存刀剣鑑定書付            
    しのぎ刀剣美術館