脇差 (銘) 正  広         室町時代  相模国
   
     本造り庵棟、刃長51.5p、反り1.5p、元巾2.6、先巾2.4センチ、元重5、先重4ミリ。
      地鉄、板目、地沸付き地景入る。      
      刃紋、皆焼。
      帽子、乱れ込み、先、掃け心に返る。
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
 
     
     永禄頃の相州正広です。









銀魚子地金具黒石目塗り鞘脇差拵、鍔四分一磨地大透かし。
     半太刀拵え付   鑑定書付            
    しのぎ刀剣美術館