刀 (銘) 備前国長船横山祐盛  江戸時代  備前国
       天保四年八月日

     本造り庵棟、刃長66.8p、反り1.6p、元巾2.8、先巾2.4センチ
      元重ね6、先重4ミリ、腰反りの造り込みである。
      地鉄、小板目に木目交じり大肌表れて地沸付く。      
      刃紋、匂い出来互の目丁字乱れ、刃中足入り。
      帽子、浅く乱れ込み、先、丸く返る。
      茎、うぶ、勝手下がりヤスリ。
 
     
     祐平の子、祐永の兄、祐盛の銘は初銘で、後に横山七兵衛祐定の養子となり六代目七兵衛祐定を襲名しました。





 白鞘付 銀無垢ハバキ   保存刀剣鑑定書付   しのぎ刀剣美術館